カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 
HOME > KTW

KTW エアーガン 【MOSIN-NAGANT M1891/30 RIFLE】

KTW エアーガン 【MOSIN-NAGANT M1891/30 RIFLE】


KTW MOSIN-NAGANT M1891/30 RIFLE

1891年、帝政ロシア陸軍がモシン大佐にデザインさせ、ベルギーの銃器設計者エミール・ナガンに手伝わせて(弾倉部だけと言われている)制式銃となったのが、後にモシン・ナガンと呼ばれた軍用ライフル銃です。口径は7.62x54R、ロシア初の無煙火薬使用弾で、115年経った現在でもトップクラスの性能です。銃の製造はロシアだけでは間に合わず、スイス、フランス、米国に外注で頼みました。1905年に始まったロシア革命のドサクサもありましたが、米国を例にとれば、ウェスティングハウス社、レミントン社、ウィンチェスター社だけで、とてつもない数の製造をしています。1930年、M1891を改良したM1930が登場します(通称M1891/30)。改良点はレシーバー形状の8角外形が丸になったこと、銃身にハンドガードが付いたことなど、その他細部の小さなモデルチェンジでした。基本がしっかりとした設計であったことは間違いなく、モシン・ナガンは20世紀、世界の戦場で最も多く出回ったボルトアクション・ライフルとして歴史に残ります。KTWはM1891/30の外観とアクションを可能な限り忠実に再現しました。

■全長::1230弌―杜漫2.8圈仝径:6丕贈臓〜弾数:22発
■機構:ボルト式エアーコッキング
■銃床:ウォールナット・オイル仕上げ
■付属品:銃剣、アマニ油(ワトコオイル)
■2007年2月28日発売、第2ロット:2007年12月発売、第3ロット:2012年2月発売

フロントサイトはベースを動かして左右調整します。クリーニングロッドはレシーバー下まで伸びています。

KTW初の銃剣です。刃の部分はアルミ粉入りの樹脂製で、ペーパーがけすると金属色が出てきます。

ワンタッチで着剣できます。刀身が外側(右)へ3度ほどそれていますが、前装銃のなごりでしょうか、発射ガスの逃しでしょうか。

リアサイトは1〜20の目盛りがあり、100-2000mを表します。

照尺を上げるとホップねじ(M3ホーロー)があります。

床尾板は鉄(南部鉄器)で、木はくるみ材のオイル仕上げです。

KTW エアーガン 【MOSIN-NAGANT M1891/30 RIFLE】

希望小売価格:
136,080円(税込)
価格:

108,850円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ